マージンフォレックスとは?

マージンフォレックス

 マージンフォレックス(保証金取引)の場合、売買単位は10万ドルです。ピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、1ドル100円の場合、1万米ドルを交換するのに100万円かかるということになります。

10万ドル単位で行う取引ですから100万円×10=10,000,000円が必要ということになります。これは1,000万円もの代金を支払って 10万ドルを持つという原理ですが、実際に銀行間のやりとりをみても“10万ドルという現金が必要だ”という人以外はほとんど通貨の価値が上がったり下がったりするのを利用して差益金を狙おうという投機的な売買(株式でいうとキャピタルゲインを狙った売買)です。

そこで考えられたのが、このマージンフォレックスならではの『差金決済方式』と『保証金取引』という方法です。

差金決済

 100円でドルを買ったけれど、105円になったらこのドルを転売します。

そうして105円-100円=5円の利益(1ドルあたり)が得られるという差益金を狙った売買が『差金決済方式』です。そして、10万ドルの取引ですから5円×10万=500,000円の利益が得られるということになります。相場が逆に動いた場合には損失につながりますので、注意が必要となります。

保証金取引

 そしてもう一つ外国為替取引には1,000万円もの代金を支払う代わりに100万円~120万円預けていただければ取引ができるというルールがあります。これが『保証金取引』というものです。

この方式が取り入れられたのも投機的な売買が多いために、10万ドル=約1,000万円もの資金をその都度やりとりするのではなく、保証金として100万円~120万円を預けて売買を行いましょう、としたルールが保証金取引です。

これは、少ない資金で大きな取引ができる、というメリットがあります。少ない資金をより効率的に運用できるのがマージンフォレックスなのです。

admin

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *