他のFX会社との比較

DMMFXのプレミアムチャートと海外FX

日本のDMMFXにはプレミアムチャート

DMMFXの魅力はなんといってもチャート画面の充実にあります。FXのテクニカル分析は近年のネット環境の充実やネット上での為替取引の活発化からその役割を増大させていて、いかに見やすいチャートを活用するかが大きな勝敗を分けるポイントになります。

このため、29種類のチャートを自由にカスタマイズできるDMMFXのプレミアムチャートは初心者からベテランまで長く使えるチャート環境を提供していると言えるでしょう。

 

 

基本的なテクニカル指標だけでなく、スパンモデルやスーパーボリンジャーなどの人気のある指標を使うことができ、トレンド系・オシレーター系の両方に渡って非常にバランスの良いチャートが取り揃っています。

取引画面自体も同一画面に4画面や6画面を同時に表示できるので、経験を積んだユーザーに取ってまさに理想的な環境といえるかもしれません。

しかしこれらは海外FX会社の搭載しているMT4では普通に使える機能です。

 

DMMFXプレミアムチャートはMT4と比較して優位性がない

 

MT4をインストールすれば、基本的なテクニカルはすでに搭載されています。

海外FX業者XMのMT4をインストールしてみるとほとんどのインディケータが搭載されています。

 

MT4は利用者の気分で1画面や4画面はもちろんのこと、画面が大きければ16分割や25分割の画面まで表示できます。DMMFXはスリッページがひどく、おまけにノミ行為を行っているFX会社の筆頭とまで言われていますから、約定面でも大きく劣ります。

このようなプレミアムチャートを使うなら海外FXに口座開設してMT4を利用したほうが、カスタマイズ性も利用料金も優位になります。

海外FXであればXM口座開設するのがよいですね。