外国為替証拠金取引の魅力

外国為替取引の最大の魅力は、なんといっても投資効率の良さにあります。投資効率が高いためリスクも高くなりますが、うまく売買できれば外貨預金よりはるかに高い投資効率が期待できます。

ここでは、一番身近な外貨商品である、外貨預金と外国為替証拠金取引を比べてみましょう。外貨預金と外国為替証拠金取引で、それぞれ1万ドルを購入しました。購入レートが115円とすると、外貨預金での必要資金は115万円。証拠金取引では10万円(外貨exの場合)。1年後、1ドル117円で売却しました。結果、どちらも2万円の利益が出ました。結果は同じですが、外貨預金では元手115万円に対し2万円の利益で、年利約1.7%。一方の証拠金取引では、元手10万円に対し2万円の利益で、年利20%。その差は、なんと約10倍です。

1万ドルの購入資金
(1ドル=115円の場合)
1年後1万ドルの売却利益
(1ドル=117円の場合)

利益率

外貨預金 10,000米ドル×115円=115万円 10,000米ドル×117円=117万円
117万円-115万円=2万円
115万円の資金に対して2万円の儲け

→年利 約1.7%

外国為替
証拠金取引
為替レートに関係なく、10万円の証拠金で1万米ドルの購入が可能 (売却レート117円-購入レート115円)×10,000米ドル=2万円 10万円の資金に対して2万円の儲け

→年利 約20%

※実際には手数料などにより、更に外国為替証拠金取引の方がお得です。

 これが「少ない資金で大きく運用」するメリットです。もちろん、保証金取引にはリスクが伴いますが、よく理解して使うとたいへんお得な商品なのです。

admin

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *