マージンフォレックスとは?

マージンフォレックス  マージンフォレックス(保証金取引)の場合、売買単位は10万ドルです。ピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、1ドル100円の場合、1万米ドルを交換するのに100万円かかるということになります。 10万ドル単位で行う取引ですから100万円×10=10,000,000円が必要ということになります。これは1,000万円もの代金を支払って 10万ドルを持つという原理ですが、実際に銀行間のやりとりをみても“10万ドルという現金が必要だ”という人以外はほとんど通貨の価値が上がったり下がったりするのを利用して差益金を狙おうという投機的な売買(株式でいうとキャピタルゲインを狙った売買)です。 そこで考えられたのが、このマージンフォレックスならではの『差金決済方式』と『保証金取引』という方法です。 差金決済  100円でドルを買ったけれど、105円になったらこのドルを転売します。 そうして105円-100円=5円の利益(1ドルあたり)が得られるという差益金を狙った売買が『差金決済方式』です。そして、10万ドルの取引ですから5円×10万=500,000円の利益が得られるということになります。相場が逆に動いた場合には損失につながりますので、注意が必要となります。 保証金取引  そしてもう一つ外国為替取引には1,000万円もの代金を支払う代わりに100万円~120万円預けていただければ取引ができるというルールがあります。これが『保証金取引』というものです。 この方式が取り入れられたのも投機的な売買が多いために、10万ドル=約1,000万円もの資金をその都度やりとりするのではなく、保証金として100万円~120万円を預けて売買を行いましょう、としたルールが保証金取引です。 これは、少ない資金で大きな取引ができる、というメリットがあります。少ない資金をより効率的に運用できるのがマージンフォレックスなのです。

どういうときに円高になるの?

日本の景気が良くなると期待されているとき  日本の景気が良くなるということは、日本の企業の業績が全体的に良くなることを意味します。業績が上がれば、企業や国に対する信頼性が増し、海外の投資家は日本の国債や株式にもっと投資したいという気持ちが高まります。その時、実際に日本の株式や国債を買うときには、日本円で国債や株式を買わなければなりません。この時、アメリカ人は米ドルを売って日本円を買います。このように日本の円を欲しいと思う人たちが多くなると、円の価値が上がり、円高になりやすくなります。

為替とは?

為替とは? 為替の事を英語でForeign(異国通貨間の)Exchange(交換)、ときに省略してForexというのそのためです。実際のマーケットでは、ドルの価値が上がると思うときには、どの通過に対してドルを買うのかが最大の利益をだすのかを選択するのが、その為替ディーラーの腕の見せ所なのです。 ユーロが上がると思うが、円も同時に上がると思えば、当然「ユーロ/円」をいう組み合わせで買っても利益は出にくいことになります。しかしドルは下がる、或いは変動しないと思えば、ドルを売ってユーロを買う、つまり「ドル/ユーロ」を売るというアクションをとるのが良さそうだ、となるわけです。 もっとも効率のよい通貨の組み合わせを選ぶ、これが為替取引の醍醐味であり、面白さなのです。 取引される通貨は?  1日の為替取引の80%以上は“メジャー”と呼ばれる、USドル/日本円、ユーロ/USドル、英ポンド/USドル、およびUSドル/スイスフランの4組の通貨ペアによる取引です。 これらの通貨ペアは最も流動性があるので、投資家にとって最も魅力的な通貨です。 相場って?  1ドルを買うのに110円支払うのと、1ドルを買うのに120円支払うのとでは110円の方が得した気持ちになりますね。そして1ドル/110円で買ったドルをできるだけ高く売りたい。110円より高い値段であればあるほど利益が大きくなってうれしくなりますよね。このような1ドルを110円で買う、120円で売るというような、市場で決まる商品の値段・価格を“相場”といいます。 円高、円安って何?  1ドル100円というときの100円は、アメリカと日本通過の交換比率です。アメリカのドル、1ドルに相当する日本円は100円ということです。 例えばハンバーガー1つ買うのにアメリカでは1ドル必要だとすると、それを日本円で買うためには100円払わなければならないということです。通貨の世界では米ドル(アメリカのドル)が「基軸通貨」という名称で通貨交換の際の主役なのです(一部の国を除く)。従って、殆どの国の通貨は、「1米ドルいくら」として表示されます。 外国為替市場ってどこにあるの? 外国為替市場  「外為市場」「外国為替取引所」という物理的な建物は存在しません。株式や商品先物などはそれぞれ「東京証券取引所」、「東京工業取引所」、それに「東京金融先物取引所」などという建物の中で取引される「取引所取引」なのに対して、外国為替は「相対(あいたい)取引」と呼ばれるもので、不特定多数の市場参加者と一対一の取引となります。 市場の開閉時間  外国為替市場には、一日の時間に沿って、ウエリントン(ニュージーランド)、シドニー、東京、シンガポール、香港、バーレーン、フランクフルト、パリ、ロ ンドン、ニューヨーク、シカゴ、トロント、サンフランシスコ、ロサンゼルスなどがあり、中でも東京・ロンドン・ニューヨーク市場が三大市場といわれています。 しかし、これらを見てわかるように、時間帯が重なっている市場が多いのです。つまり、相対取引である外国為替市場では取引所取引のように市場の開閉は存在しません。よって、株の取引とは違って24時間取引が可能なのです。