取引の方法

売りと買い

 外国為替取引は常に2つの通貨(通貨ペア)のうち、一方を売り、一方を買う取引です。

円の関係する取引(クロス円)の場合、外貨だけを売買しているように思えますが、実際には、外貨を売買すると同時に同額の円を逆売買しています。EUR(ユーロ)/USD(USドル)の売買では、ユーロを買ってドルを売る、あるいはユーロを売ってドルを買うことになります。

為替レートは通貨ペアの左側の通貨の価格を右側の通貨で表した値です。USD/JPY(日本円)=120.00だと1ドルが120.00円です。また、通貨ペアの売買は左側の通貨についての売買を指します。USD/JPYの1万ドル買いはドルを1万ドル買って円を120万円売ることになります。なお、通貨の買い持ちのことをロング、売り持ちのことをショートとも言います。

成行と指値

 成行(成り行き)は現在の価格で通貨の売買を行うことです。現在表示されているレートで売買できます。指値は指定したレートで売買することです。現在のレートよりも有利な条件の指値と不利な条件の指値(逆指値、ストップ)があります。通常の指値の場合、より安く買う、あるいはより高く売ることが可能です。しかし、その後、買ったレートよりもさらに安くなる場合や、売ったレートよりもさらに高くなることもよくあります。逆指値は、現在よりも不利な条件での売買で、一見利益が少ないように見えますが、為替レートはいったん動き出すと同じ方向に動き続けることもよくあります。 従って、例えば、手持ちの買いポジションを逆指値で注文を出しておくと、損失が大きくなる(あるいは利益が小さくなる)前に決済することができますし、新規に逆指値で買い注文をだしておくと、買いが成立後、さらに値上がりすることで利益をえることができます。

注文期限

 無期限の注文と期限付きの注文があります。期限付きの例として、デイオーダー(その日のNYクローズ時間まで)、ウィークオーダー(その週の金曜日のNYクローズ時間まで)があり、また、時間単位あるいは日単位で期限を指定できます。

新規と決済

 新たに買いまたは売りを行う新規注文と、手持ち(既存)のポジションについて買いまたは売りを行う決済(仕切)注文を分けています。

両建て

 両建て(ヘッジ)は同じ通貨ペアについて売り買い両方のポジションを持つことです。両建ての場合、損益は両建てした時点で固定されますが、手数料がかかります。また、ロールオーバーすることで売買にかかるスワップの差を支払う必要があります。

 

admin

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *