外国為替証拠金取引基礎知識

外国為替証拠金取引とは?

 外国為替証拠金取引とは外為とも略され、英語ではForeign Exchange、略してForex、あるいはFXと言います。取引額の数%~10%程度の小額の証拠金(保証金とも言います)を業者に預託し、外国通貨の売買を行なうデリバティブ(金融派生商品)の一種です。

外国為替相場に関する知識や経験を要するハイリスク・ハイリターンな商品で、商品先物会社、証券会社などで扱われています。

以前の外国為替取引

以前は、個人投資家が外国為替取引を行う場合、外貨預金外貨建MMFで取引することが一般的でした。しかし、銀行手数料が高く、また適用レートも銀行の営業時間中は同一相場が適用されるため、 中長期的な観点からの金融商品でした。

しかし、1998年4月、金融ビッグバンの一環として行われた、外為法の大幅改正によって、原則、誰でも自由に外国為替取引を行うことが可能になりました。この外国為替取引の大幅な自由化によって、以前から欧米などで盛んに行われていた外国為替証拠金取引が日本でも行われるようになりました。

外貨投資の魅力

この外貨投資の一番の魅力はなんといってもやはり高い資金効率です。このサイトでは、この魅力的な外国為替証拠金取引の大まかな仕組みから、ハイリスクをできる限りローリクスに抑え、上手に外国為替証拠金取引を付き合う方法を、分かり易く解説していきます。基本的な事柄から知っていると得する情報まで幅広く網羅しておりますので、外国為替証拠金取引を行う際には是非このサイトをご利用ください。

国内FX会社と海外FX業者比較

外国為替取引を行うためにFX会社にて取引口座を開設する必要があります。FX会社は日本国内でも、海外でもたくさんあります。国内FX会社と海外FX業者の主な違いはFXレバレッジ、FXスプレッド、追証あり・追証なし制度、ボーナスです。

国内FX・海外FXレバレッジ比較

国内FX会社最大レバレッジは日本金融庁にて25倍まで制限されています。海外FX業者の場合は1000倍以上のレバレッジも利用できます。例えば、海外FX業者のXM口座開設すると、888倍のハイレバレッジ取引ができます。

国内FX・海外FXスプレッド

国内FX会社はスプレッドをかなり抑えています。国内FX業者で0.27pipsのFXスプレッドを提供している会社もあります。その一方、海外FX業者スプレッドは平均1.8pipsで、結構広いです。スプレッドがゼロから始まるECN方式口座でも、取引手数料を考えると実際のスプレッドが1pips以上になってしまいます。例えば、海外FX業者XM Zero口座のスプレッドは確かに0~ですが、各取引ロットごとに10ドルの手数料が発生します。

国内FX追証あり・海外FX追証なしゼロカット制度

外為取引はレバレッジを利用した取引なので、稼ぐチャンスだけではなく損する可能性も高いということです。実は海外FX業者はそれまで考えてくれているのです。海外FX業者は追証なしという追証ゼロカットシステムを導入しており、入金した資金以上損することはありません。それは海外FX業者のもう一つのメリットです。

国内FX業者の場合は取引により口座がマイナスになったとすると数日以内にマイナス分を追加入金する必要があります。海外FX業者のXM口座開設iForex口座開設の場合は入金した証拠金以上に損することはありませんので、海外FX初心者でも心配なく取引できます。